苦手なこと。


『うちこ*はんこ+』消しゴムはんこアーティストuchicoです。


突然ですが…
持ち手作りが苦手です。


uchicoは持ち手をつけるときは "ヒノキ"の角材を買ってきて、自分でカットしています。
ヒノキは比較的やわらかく、加工しやすい木材ではあります。
色々と道具を駆使して、なるべく手間のかからない工夫もしています。
 →「消しゴムはんこのための持ち手☆のこぎりで木を切って…」「「ヤスリがけ」が面倒!! な時の飛び道具☆」


ただ、サイズにカットする事自体や仕上げのヤスリがけは、手作業なのでどうしても時間がかかります。
手も腕もパンパンになります。

20170518持ち手

この白木の風合いと、スベスベに仕上った肌触りが好きなのでしょうがありません。


さらに、表面には印影をエンボス加工シマス。

20170518エンボス

エンボス加工は時間との勝負。手早く作業しないと失敗します。
それに一回捺したら拭き取ったりも出来ません。
手間ヒマかけた持ち手なので、作業は緊張します。

じゃあなんで持ち手をつけるの??はコチラ→「持ち手のあるはんこ 持ち手のないはんこ」



そんなこんなで、uchicoは "持ち手作り" に激しく苦手意識があるのです。


今日は頑張って持ち手を作りました。
後は接着したら完成♪

20170518アップ予定

そして、試作用の分も持ち手を用意してみました。


minneにアップする予定で只今準備中。


とはいえ
持ち手作りに時間がかかり、写真撮影まで辿り着くことができませんでした。トホホ☆






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
お楽しみに〜♥

持ち手のあるはんこ 持ち手のないはんこ 2


『うちこ*はんこ+』消しゴムはんこアーティストuchicoです。

今日もこっそり予約投稿☆ なぜならuchicoは今、夏休み中だから…
↑ ↑ ↑ ↑
この件については、前回・前々回の記事をご覧下さいませ。


20150826の夏




さて、昨日は「持ち手のあるはんこ」「持ち手のないはんこ」のそれぞれのメリットについて語ったのですが…


前出の通りuchicoはどちらのはんこも作ります。

そのことについては、販売するにあたって色々と悩んだこともありました。

「消しゴムはんこらしさ」を追求するなら持ち手なしの方がいいのかな?
でも
「使いやすさ」を考えたら、持ち手があったほうが格段に上??



で、色々と考えた結果。どちらもあります。

持ち手のあるはんこ。
20160720りんごなはんこ
「使いやすさ」「強度アップ」というメリットを活かして
長期的にまたは、いっぱい捺してもらいたいという思いを込めて作っています。
オーダーはんこや、思い入れや人気のある図案のはんこが主。




持ち手のないはんこ。
20160815下着ネコパッケージ
「気軽さ」というメリットを活かして
手軽に楽しんでもらいたいという思いを込めて作っています。
ワンポイントで使えるような図案のものを中心に、委託での販売を主として展開しています。

そしてこの持ち手のないはんこは
「制作時間・コストを抑えられる」というメリットと合わせて、持ち手付きのものより価格が押さえ気味になってます。
やっぱりはんこですもの☆気軽に手に取って、ペタペタと捺して欲しいのです。



2回にわたって語ってしまいましたが…
そんな感じで、uchicoは消しゴムを彫ってはんこを作っているのです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
ペタペタっとな☆

持ち手のあるはんこ 持ち手のないはんこ


『うちこ*はんこ+』消しゴムはんこアーティストuchicoです。

旅にでているuchicoが、こっそりと予約投稿で語ってみます。
今日は、消しゴムはんこの持ち手の有る無しのそれぞれのメリットについて。



uchicoが販売をしているはんこには「持ち手があるもの」と「持ち手がないもの」があります。

と、ここで「持ち手がないはんこって??」って思われた方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。

uchicoは消しゴムを彫ってはんこを作っています。
はんこ用の消しゴムとして売られているものは1センチ程の厚みがあります。
なので、敢えて持ち手を付けなくっても「はんこ」として捺すことができるのです。
これはゴム版などとの大きな違いかもしれません。


持ち手がないはんこは、このカタチが完成形なのです。

20160813下着ネコ


持ち手のないメリットはいくつかあります。

まずは、汚れた時のお掃除が楽。なんだったらジャブジャブ洗うことだって出来ます。
それに一定の厚みなので、持ち手の大きさに左右されず収納(コレクション)しやすい。
制作の時間とコストを押さえることができる。
などなど…




ただし、はんこが小さい場合とても捺しづらい☆

20160505ポチッとはんこ

そのためuchicoの作る「ポチッとはんこ」には、持ち手がついています。
しかも、捺しやすさを考えてちょこっと長めの持ち手です。




持ち手がつくと、グッと「はんこらしく」なります。

20160827四角いはんこ


「はんこ」と聞いて一般的に思い浮かべるのはこんなカタチでしょうか?

主なメリットはやはり、捺しやすさ。

それに強度がアップします。
消しゴム自体は柔らかい素材なので、持ち手は補強の効果をもたらします。



どちらが良いか悪いかではないのです。
それぞれにメリットがちゃんとあるんですよ♪





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
明日もこっそり投稿してます
[ 2016/09/14 18:00 ] はんこじゃないつれづれ | TB(0) | CM(0)







FC2 Management